社会経験として有効なアルバイトの探し方

私は高校時代に3つのアルバイトを経験しましたが、あまりこちらから探したということはありませんでした。

社会経験として有効なアルバイトの探し方

高校で行った3つのアルバイトの探し方

みなさんは今までにアルバイトをしたことがありますか。多くの方が、特に学生時代にアルバイトを経験したことがあると思います。
中には学校を卒業しても定職にはつかずにアルバイトをしているという方も多いのではないのでしょうか。私は、高校時代に3つのアルバイトを経験したことがあります。
まず1つ目は高校1年生の夏休み期間のみの短期アルバイトです。

これには明確な目的があり、高校に入ったと同時に私はワープロ部に加入をし、自分専用のワープロを購入したいと考えたからです。

目的の金額も決まっていたので、ある程度の期間だけアルバイトをしたかったのですが、その時のアルバイトを探すのに役立ったのが、新聞の折込などに入っている求人広告です。

ちょうど夏休み前に、夏休み期間の短期アルバイトを近くで募集していて、内容はコンビニ向けのお弁当屋パンなどの製造と簡単そうだったのですぐに決めました。
2つ目はスーパーのレジのバイトで、こちらはお小遣い欲しさに始めました。
どちらかというと、アルバイトを探したというよりも、たまたまスーパーの広告にアルバイト募集の文字が目に入ったので応募したという感じで始めました。

3つ目は前のアルバイトをやめたときにちょうど母の勤めていた製造会社でアルバイトを探していたので始めました。
アルバイトを探すにはほかにもハローワークやインターネットを利用するという方法もありますが、私の場合は、逆に募集されていたから始めたという感じが多かったようです。

ピックアップ

Copyright (C)2017社会経験として有効なアルバイトの探し方.All rights reserved.